仮想マシンにLAPACK入れた

手元にもあったほうがやはり便利。ということで6月頭に入れた。
簡単だったけど記録としてメモ。
参考:https://qiita.com/AnchorBlues/items/69c1744de818b5e045ab

ダウンロード

http://www.netlib.org/lapack/ から lapack-3.9.0.tar.gz 、
http://www.netlib.org/lapack95 から lapack95.tgz
を落として /usr/local/bin に入れとく

LAPACKパッケージ

# cd /usr/local/bin/
# tar -zxvf lapack-3.9.0.tar.gz
# cd lapack-3.9.0/
# cp make.inc.example make.inc
# make blaslib
# make lapacklib  ←時間かかる
# make tmglib

# cp librefblas.a /usr/local/lib/libblas.a
# cp liblapack.a /usr/local/lib/liblapack.a
# cp libtmglib.a /usr/local/lib/libtmg.a

LAPACK95パッケージ

# cd /usr/local/bin/
# tar -zxvf lapack95.tgz
# cd LAPACK95/
# mkdir lapack95_modules

LAPACK95/以下に入っている「make.inc」を以下のように編集
——————————————————————————————–
FC=gfortran
FC1=gfortran
OPTS0=-O3
MODLIB=-I./../lapack95_modules (←さっき作ったディレクトリ)
LAPACK_PATH=/usr/local/lib/ (←librefblas.aなどの移動先のディレクトリ)
LAPACK95=../lapack95.a
LAPACK77=$(LAPACK_PATH)/liblapack.a
TMG77 =$(LAPACK_PATH)/libtmg.a
BLAS =$(LAPACK_PATH)/libblas.a
——————————————————————————————–

# cd SRC/
# make single_double_complex_dcomplex

# cd ../  ← /usr/local/bin/LAPACK95/SRC/ から LAPACK95/ に戻った
# mv lapack95.a /usr/local/lib/
# mv /usr/local/lib/lapack95.a /usr/local/lib/liblapack95.a
# mv lapack95_modules/* /usr/local/include/.

おしまい。
コンパイルは
gfortran filename -I/usr/local/include -llapack95 -llapack -lblas
でいける。ifort が欲しい。

TeX関係のメモ

パッケージの追加@TeX Live

/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/tex/latex/ とかに突っ込む、のはいいとして、その後
一覧表 ls-R の更新コマンド
# mktexlsr
を叩くのを忘れてはだめだよ……バカじゃないの……orz

wordpress 調整

どんどん追記予定。

「画像を切り抜く際にエラーが発生しました。」

php-gdがないため、エラーと判断されている。
いれる。
# yum install php-gd
# /etc/init.d/httpd restart

「PHPを更新しろ」【宿題 2019/03/01】

プラグインでバックアップを取ってから対応。・・・しようとして途中挫折。

現在の php のバージョン確認
# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Mar 22 2017 12:27:09)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

インストールされている php と関連モジュールの確認
# yum list installed | grep php
php.x86_64                     5.3.3-49.el6      @base
php-cli.x86_64                 5.3.3-49.el6      @base
php-common.x86_64      5.3.3-49.el6      @base
php-gd.x86_64                5.3.3-49.el6      @base
php-mysql.x86_64           5.3.3-49.el6      @base
php-pdo.x86_64              5.3.3-49.el6      @base

古い php を削除
# yum remove php php-*

yum のパッケージと RPM の REMIリポジトリの追加
# yum upgrade
# yum install epel-release
# rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

インストーーーール
# yum install –disablerepo=* –enablerepo=remi,remi-php73 php
怒られた
エラー: パッケージ: php72-php-json-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.14)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libcrypto.so.10(OPENSSL_1.0.2)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.15)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libargon2.so.0()(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-common-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.15)(64bit)

glibc のバージョンが 2.12 だった・・・
# ldd –version
ldd (GNU libc) 2.12

glibc の更新は怖すぎる(私の手には負えない)ので、とりあえず yum install php でまた 5.3.3 に戻した。どうしようかなあ。。

wordpress インストール

wordpress をインストールしたときの手順のメモ。完全に忘れてた。
参考サイト

Apache、MySQL、PHPのインストール

Apache, MySQL, PHP のインストール

# yum install httpd mysql-server php php-mysql wget

HTTPポート(80番ポート)の解放

バックアップを取ってからいじる
# cp /etc/sysconfig/iptables /etc/sysconfig/iptables.org
# vi /etc/sysconfig/iptables

以下の文章を追加
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 80 -j ACCEPT

ファイアウォールの設定を反映
# /etc/init.d/iptables restart

Apache

Apache起動
# /etc/init.d/httpd start

OS起動時にApacheが自動起動するか確認
# chkconfig | grep httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
–> 3:on が出ているのでOK

PHPのタイムゾーン設定.バックアップとってからいじる
# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
# vi /etc/php.ini

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://www.php.net/manual/en/datetime.configuration.php#ini.date.timezone
;date.timezone = “Asia/Tokyo”   <– ここを変更

Apacheをrestartしてphp.iniの設定を反映
# /etc/init.d/httpd restart

MySQLの設定

MySQLを起動
# /etc/init.d/mysqld start

起動確認
# mysqladmin -u root ping
mysqld is alive

OS起動時にMySQLが自動起動するように設定
# chkconfig mysqld on
# chkconfig | grep mysqld
mysqld 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

MySQLのrootパスワードの設定
# mysql -u root
mysql> update mysql.user set password=password(‘rootのmysqlパスワード’) where user=’root’;
mysql> flush privileges;
mysql> exit;

ログインできるか確認
# mysql -u root -p
mysql> exit

個人ユーザーのWordPress用のデータベースとユーザー作成
# mysql -u root -p
mysql> create database username;
mysql> grant all privileges on username.* to username@localhost identified by ‘usernameのmysqlパスワード’;
mysql> exit

ログインできるか確認
# mysql -u username -p
mysql> exit

wordpressのインストール

ダウンロードして解凍
# cd /tmp/
# wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.8-ja.tar.gz
# tar zxvf wordpress-4.9.8-ja.tar.gz

自分のpublic_html直下にいれる(アドレスのダサさ故に)
# cp -r wordpress /home/user/public_html/
# mv /home/user/public_html/wordpress/* /home/user/public_html/.

Apacheが読めるようにする
# chown -R apache.apache /home/user/public_html/

ここからはウェブ

http://www.dge.toyota-ct.ac.jp/~user/wp-admin/setup-config.php
にブラウザでアクセス

2頁目で次を入力。

  • データベース名:さっき作成したMySQLのデータベース名
  • ユーザー名:さっき作成したMySQLのユーザー名/後で設定するサイトアカウントとは別
  • パスワード:さっき作成したMySQLのパスワード/後で設定するサイトアカウントのパスワードとは別
  • データベースのホスト名:localhost
  • テーブル接頭辞 :wp_

あとは指示に従えばインストール完了