wordpress 調整

どんどん追記予定。

「画像を切り抜く際にエラーが発生しました。」

php-gdがないため、エラーと判断されている。
いれる。
# yum install php-gd
# /etc/init.d/httpd restart

「PHPを更新しろ」【宿題 2019/03/01】

プラグインでバックアップを取ってから対応。・・・しようとして途中挫折。

現在の php のバージョン確認
# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Mar 22 2017 12:27:09)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

インストールされている php と関連モジュールの確認
# yum list installed | grep php
php.x86_64                     5.3.3-49.el6      @base
php-cli.x86_64                 5.3.3-49.el6      @base
php-common.x86_64      5.3.3-49.el6      @base
php-gd.x86_64                5.3.3-49.el6      @base
php-mysql.x86_64           5.3.3-49.el6      @base
php-pdo.x86_64              5.3.3-49.el6      @base

古い php を削除
# yum remove php php-*

yum のパッケージと RPM の REMIリポジトリの追加
# yum upgrade
# yum install epel-release
# rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

インストーーーール
# yum install –disablerepo=* –enablerepo=remi,remi-php73 php
怒られた
エラー: パッケージ: php72-php-json-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.14)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libcrypto.so.10(OPENSSL_1.0.2)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.15)(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-cli-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libargon2.so.0()(64bit)
エラー: パッケージ: php72-php-common-7.2.15-1.el7.remi.x86_64 (remi-safe)
    要求: libc.so.6(GLIBC_2.15)(64bit)

glibc のバージョンが 2.12 だった・・・
# ldd –version
ldd (GNU libc) 2.12

glibc の更新は怖すぎる(私の手には負えない)ので、とりあえず yum install php でまた 5.3.3 に戻した。どうしようかなあ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。